データ消去サービス

ERASE DATAデータ消去サービス

日本のデータ復旧技術者が開発したスマートフォンデータ消去エンジン

今までの携帯電話をリユースもしくは破棄をしたい…

•本機のデータ消去機能で完全にデータは消去されているの?

•データ消去は、専門ソフトに委ね情報漏洩リスクを回避したいけど・・・

•消去の詳細(いつどこで誰が消去したのか)を把握しておきたい

スマートフォンやタブレットの端末をリユースまたは破棄する際、恐ろしいのは情報が漏洩してしまうことです。初期化したはずの端末から持ち主の個人情報が思わぬ流通先で見つかる。そうしたトラブルは現実に発生しています。
当社は2002年から官公庁や大手企業、大手家電量販店などのお客様に、データ復旧事業とデータ解析・追跡(デジタルフォレンジック)サービスを提供してきましたが全消去したはずの端末にデータが残っているケースを数多く確認してきました。こうした背景から、データ復旧企業の視点で「確実性」と「凡用性」を兼ね揃えたスマートフォン向けのデータ消去ソフトを独自に開発しました。下記の5つの特徴を盛り込んだ新機軸のソフト、それが『Braver Erasure』です。
国産のデータ消去ソフトウェアである『Braver Erasure』では、スマートフォンのデータ消去とクラウド型ログ管理システムを提供します。アプリケーションをパソコンにインストールし、データ消去を行います。インストール後、USBポートを増やす事で、複数のスマートフォンを並行で一括消去できます。また、他のスマートフォンが消去中であっても、消去完了したものから取り外して、新しく消去予定のスマートフォン端末を設置し消去を開始することができます。

スマホデータ消去ソフト Braver Erasureの特徴

  1. 1.
  2. iOSだけでなく、多彩なAndroid端末にもネイティブ対応
  1. 2.
  2. USBハブで、20台以上を一括消去
  1. 3.
  2. 消去後のトラブル源「iPhoneを探す」「root化」を検知
  1. 4.
  2. 「EvidenceCenter」から、いつでも消去証明書を発行
  1. 5.
  2. ライセンス料金は消去数に応じて選べ、さらに消去成功時の台数のみの後払い

iOSだけでなく、多彩なAndroid端末にもネイティブ対応

ブランドごとに仕様が異なるAndroid端末は、海外大手消去ソフトでもサポート外になることが多く、対応する場合でも別途ドライバのインストールが必要になるなど、作業が繁雑になることがあります。Braver ErasureはLinuxベースでソフトウェアを構成しており、様々な仕様のAndroid端末でもネイティブサポートします。iOS端末と同様にスムーズな処理が可能です。また、国内企業だからこそ迅速なアフターフォローも実現。

~対応デバイス~

•Andoroid Ver.2~Ver.7系を搭載するスマートフォン、タブレット

•iOS Ver.4系~Ver.10系を搭載するiPhone3以降のiPhone、iPadなど

USBハブで、20台以上を一括消去

データ消去は、Braver Erasureをインストールした“センター機器”(たとえばパソコンやスティックPCなど)にスマートフォンを接続することで行います。機器のUSBポートに直接つないで使うこともできますが、USBハブを中継すれば複数台の端末を同時に扱えるようになります。当サービスでは、20台以上の端末を一括消去可能です。接続したデバイスそ自動消去する機能を備えているの出、センター機器のディスプレイで各ポートの状況を監視しながら、消去が終わったら端末から順に付け替えて消去作業を進める方法も可能。ストレージ容量が異なる端末が混在していても、効率的に作業可能。

消去後のトラブル源「iPhoneを探す」「root化」

完全にデータが消去されたデバイスでも、設定が原因で後々に不具合が生じる危険があります。たとえば、iPhoneは「iPhoneを探す」設定がオンになったままデータ消去すると、アクティベーションロックがかかった状態となり、元のApple IDやパスワードがないと使用不能になります。Androidの「デバイスの保護機能」も同様の問題を呼び起こします。また、jailbreak(脱獄)/root化した端末もデータ消去が正常に行われません。Braver Erasureではこれらの状態を検知すると消去エラーを記録するため、正常な消去が済んだデバイスと区別できます。
その他、消去後のデバイスがOSを自動アップロードしないように保護する機能も備えています。レンタル用デバイスなど、OSのバージョンを管理しながら運用する必要がある場合に便利です。

「EvidenceCenter」からいつでも消去証明書を発行

消去したはずのデータが復元されて大問題に発展するとしたら、それは消去作業が済んで、しばらく後のことになります。そこで、Braver Erasureは、端末のデータを消去した日時や担当者などの情報をクラウド画面「EvidenceCenter」でいつでも把握・管理できる仕組みを採用しているます。EvidenceCenterにログインすると、デバイスごとに「いつ」「どこで」「誰が」消去したのか簡単に調べられます。消去作業の開始時と完了時、エラー発生時にログを自動アップロードするため、事前事後の状態を比較して処理の状況を確認できる仕組みです。また、作業情報や端末情報をまとめた消去証明書も発行できます。

ワンポイント

消去証明書の企業ロゴや企業広告バナーの変更もできます。消去ソフトのOEMでの提供、消去エンジンのライセンス契約提供も可能ですので、お気軽にご相談ください。