会社案内

COMPANY会社案内

2017.06.01現在

商号

株式会社ビープラス

本社

〒103-0003 東京都中央区日本橋横山町7-17
TEL:03-6667-0537

大阪支社

〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3-12-15
TEL:06-6885-5955 FAX:06-6885-5966

難波営業所

〒556-0021 大阪府大阪市浪速区幸町2-3-14
TEL:06-7711-5726 FAX:06-7711-5720

主な事業内容

【通信事業部】
携帯電話及びPHSの移動体サービス販売事業
通信回線販売事業

【OA機器買取サービス】

【データ消去サービス】

【端末診断サービス】

【SIMフリー端末・買取販売サービス】

【SIMフリーアダプター販売サービス】

役員

代表取締役  沖野 裕郎

設立

1995年09月28日

資本金

5,000万円

従業員

140名

売上高

27億3,000万円

取引銀行

りそな銀行
みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
大阪信用金庫
都民銀行
池田泉州銀行
(順不同)

許認可等

•大阪府中小企業経営革新支援法
 「経営革新計画」 認定第77-205号

•中小企業総合事業団支援企業

•アメリカ特許 平成16年09月28日
 Patent No:US6,798,532 B1
 写真プリント配送関連

•東京都中小企業振興公社
 事業可能性評価委員会で評価 認定 平成19年08月05日

•東京都経営革新計画 認定 平成19年10月29日
 19産労商支第464号

•東京都経営革新計画 承認 平成23年04月26日
 23産労商支第99号

•古物商許可証 東京都公安委員会 許可
 第301051407872号

主要取引先

ソフトバンクモバイル株式会社
ソフトバンクBB株式会社
ワイモバイル株式会社
KDDI株式会社
株式会社ティーガイア
AIPTEK International Inc.
Sunita Telecom.Co.,Ltd.
アノト・マクセル株式会社
大日本印刷株式会社
ダイワボウ情報システム株式会社
富士写真フィルム株式会社
(順不同)

ビープラスの考え

お客様のベストパートナーに

企業がその事業を営む中で、そのエネルギーの大半は、自社製品やサービスをいかに高い付加価値をもって市場に提供するか、という目標に費やされています。しかし、そうした事業活動により派生的に生まれた、余剰品(以下「派生余剰品」)に関しては、多くの場合、廃棄品として専門の業者に、費用をかけて処理を委託されています。
当社はその派生余剰品を、お客様企業の大きな収益源に変えることで成長してきました。そのためのキーワードである、リバースサプライチェーンマネージメント(RSCM)と委託方式は、新しいビジネスモデルとして、世界のビッグブランドにも急速に採用され始めています。
また派生余剰品を収益化することは、単に利益拡大への貢献ということだけでなく、効率的な再生を行うことで、資源の有効利用やCO2削減という、今後更に高まる企業ミッションを果たすことにも繋がります。当社は、お客様の信頼できるパートナーとして、これからも柔軟性のある質の高いサービスの提供を目指します。

サービスの特徴

RSCM

当社は、お客様から回収した機器を、機器・コンポーネット・パーツ・原材料の4段階に分け、最も付加価値の高いレベルで市場に再出荷します。

委託方式

回収から再出荷までをお客様からの業務委託として請け負います。再出荷先およびその販売金額は、報告書より透明性を保障します。お客様には、販売金額から実費を差し引いた上で、レベニューシェアリング(収入還元)を行います。
一般的な買取方式も選択可能です。

スケールメリット

当社グループの取引高は、既存の業者とは桁違いです。より大きな取引高が、より有利な条件を得ることは、この市場においても同様であり、日本のお客様に大きく還元できる重要な要素です。

サービス内容

RSCM-Reverse Supply Chain Managementリバースサプライチェーンマネージメント

リバースサプライチェーンマネージメントの対象機器事例と、イメージは次のとおりです。

対象機器事例
モバイルデバイス

顧客:通信業者様、モバイルデバイス製造業者様
機器:スマートフォン、タブレット端末、ノートPC

通信基地局

顧客:通信業者様
機器:通信基地局設置機器全般

エレクトロニクス機器

顧客:電子機器製造業者様
機器:機器製造過程におけるパーツを含む余剰品

サーバー、ネットワーク機器等

顧客:クラウドサービスプロバイダー様、データセンター様、一般ユーザー様
機器:サーバーを中心とするコンピューター機器全般、およびネットワーク機器全般

WHERE WE WORK業務領域

リバースサプライチェーンマネージメントの仕組み

製品ライフサイクル

RSCM再出荷手順

リバースサプライチェーンマネージメントでは、以下の手順を経て市場に再出荷されます。

電子機器内のメディア等に含まれるデータの完全消去

矢印

マニュアルに従って部品毎に分別・分類

矢印

重要ならびに価値のある部品の修理

矢印

機械的に解体・破砕

矢印

自動的に分別・分類(レアメタル、銅、アルミニウムなど)

矢印

材料再生は自社ファシリティで特殊部品の処理・抽出を行った後、パートナーベンダーへ二次原材料として再出荷

矢印

部品は再利用され、新しい製品として再出荷